拈華微笑

禅の言葉に

「拈華微笑(ねんげみしょう)」

という言葉があります。

ブッダが、法を説くため、

弟子たちを霊鷲山に集めました。

ブッダは、一輪の花を持ってただ立っていました。

何も語りません。

弟子たちは、何だ?どうしたんだ?と

顔を見合わせています。

一人マカ・カショウだけは、

そっと微笑み返しました。

それを確認したブッダは、言いました。

「私が悟った真実の教えは、今、マカカショウに伝わった。」

マカカショウは、こうしてブッダの高弟となったのです。

ブッダは、何も語らずに

もっとも大切なことをマカカショウに伝えたのです。

大切なことは、語らなくても伝わることがあります。

受け止めることができる人になりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です