秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

お坊さんが着ているもの

2021年11月4日

宗派によっては長いものや大きいのもあるのですが、曹洞宗のお坊さんが身に着けるもので絡子(らくす)というものがあります。

これはいろいろな布が縫い合わせられてできています。

実は、これを大きくするとお袈裟になるのです。
お袈裟が省略されてこの形になっているわけです。

行事、または修行するのに当たって身軽に動く必要があったなど、さまざまな理由から「お袈裟をもう少し小さくしましょう」ということで、絡子(らくす) というものが生まれてきたのです。

 

では、なぜお坊さんはお袈裟を掛けるのでしょうか?

袈裟というのはお釈迦様が身に着けていたもので、ある意味お釈迦様そのものを表しているわけですから、私たちお坊さんにとってとても大切なものなのです。

道元様は「お袈裟を大切にしなさい。お袈裟がお釈迦様なんだ」と言って、お袈裟を礼拝していました。

それほど大切にしていたのです。

 

インドでは浄・不浄の概念、要するに「清いもの・清らかではないもの」という考え方がありました。

右側は浄・左側は不浄だと考えていたのです、食事は必ず右手で食べるわけです。

それで、清らかなもの、お袈裟を左側に掛けることで浄と不浄をなくす、そのような意味合いもありまして、必ず左側に掛けるのです。

お坊さん同士がすれ違うときは、お袈裟とお袈裟が擦れ合ってはいけないので、必ず左側が廊下側になっていて、右肩がすれ違うように左側通行になっています。

 

お袈裟というのはとても大切なもので、修行をするとき、または法要をするときには長いお袈裟を着けます。

そして、日常で人とお会いするときには絡子(らくす) を掛けます。

さらにそれがもっと簡略化されているのが輪袈裟というわけです。

 

そして、草むしりやお掃除をするときに着ているのが作務衣です。

昔は今ほど日本中に知れ渡っていなくて、本当にお寺の修行僧だけが着ていたようなものでしたけれども、そういうときに絡子(らくす) は掛けません。

なぜならお掃除など「作務」をするために着るものだからです。

それぞれの場所や時間、状況に応じて着るものが変わってきたということです。

 

ちなみに、日本のお坊さんというのは3つの国の伝統のものを着ているのですが、さて何でしょうか?

この答えは、またあらためてお話ししたいと思います。