秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

ブレている自分を受け止めよう

2021年11月18日

皆さんよく「ブレない心を持ちたい」と言います。

目標を決めてずっと突き進んでいって、その目標を達成したことで「俺はブレない心になるんだ」と思っても、そのようなことはできません。

そもそもブレまくるのが自然なのです。

 

「ブレない心にしよう」ということ自体、無理しているのです。

無理すると疲れてしまって、結果的に心が病んでいくわけです。

ブレていることが平常なのですから、ブレていてもいいのです。

うまくいくとか、うまくいかないというのは結果なのですから、どうだっていいのです。

 

失敗すると「ダメだ」なんて、誰が決めているのですか?

失敗って一体何ですか?

それは第3者が決めている、ただの基準だったりするわけです。

50年前の基準と今の基準は違うのですから、同じ物差しを当てたところで、全然正しくありません。

ブレている自分そのものを「それでいいんだ」と受け止めてしまうことです。

 

今は、目的と目標が強く求められすぎています。

私も「この目標に向かって、この目的に向かって、こういうアクションを起こすんだ」と盛んに言われて、「ああ、そうだ、その通りだ」と思って取り組んでいたこともあります。

目的や目標を大きく定める必要はありません。

目的や目標を定めないで、ただやるのです。

もちろん、動けば結果は起こります。

しかし、それにも左右されないということが大事なのです。