秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

初夢

2022年2月11日

テレビでオーケストラの指揮者のドキュメンタリーをやっておりました。

それを見て「オーケストラはすごいな。すごい境地にまで達してるな」と心が動いたのでしょう。

その夜に見たのは、「なんでこんな夢を見たの?」というぐらいのおかしな夢だったのです。

 

その方は韓国人の指揮者だったのですが、なぜか私が韓国の隣の国、北の方にある国に団体で行くという夢だったのです。

そこで私は、芸術の大会のようなものを観客として見ていました。

舞台ではバイオリニストがバイオリンを弾いているのですが、それが何かふざけているのです。

私はそれを聴いて、いきなり立ち上がって「おまえのは芸術じゃねえ、芸能だ!」と言ったという夢です(笑)。

 

なぜそういうふうになったのか、全く意味が分かりません。

前の日にオーケストラの番組を観たので、頭の中に音楽があったのは分かります。

しかも韓国の方は素晴らしい指揮者だったので、その影響もあったと思います。

 

夢というのは脈絡がなく、面白いものです。

脳の中で一体何が刺激されて映像化されたのでしょうか。

しかもそこには音声まで記憶されているというわけですから不思議です。

今年は音楽とまた触れ合う可能性が大ということなのかもしれません。