絶対絶対絶対絶対あきらめない

諦めない

「十二番目の天使」の主人公、ティモシーが、口癖のように言う言葉だ。

 

ただ、あきらめないのではない、絶対絶対絶対絶対あきらめなのだ。

 

ティモシーは、運動が苦手な小さな男の子。リトルリーグのお荷物だ。

 

でも、彼は、どんな状況でも明るく大きな声で言い続ける。

「絶対絶対絶対絶対、諦めるな!

我々は、毎日少しずつよくなっている!」

 

試合の勝ち負けではなく、チームのメンバーもコーチも、彼に勇気づけられるのだ。

 

 

最後の最後まで、諦めないティモシー。

私は、この小説を電車の中で読むことが出来ない。なぜなら、声を上げて泣きそうになるからだ。

 

 

あきらめない。

 

 

沢山の人が、私たちに伝えてくれている。

 

どんな長い道のりでも、諦めずに一歩ずつ歩を進めれば、いつかが、目的地にたどり着く。

毎日、少しずつでも歩を進めるだけでいいのだ。

 

毎日、少しずつ階段を上れば、いつの間にか高みに立っている自分に気づく。

 

 

見上げるような頂を制覇するのも、できることは一歩踏み出すだけ。

 

あきらめない限り

あきらめない限り

 

いつかは、たどり着くのだ

 

私は、本当にあきらめの悪い男だ。

関連記事一覧

  1. 挨拶
  2. 井戸
PAGE TOP