秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

山門

2021年9月2日

今回は、お寺のお参りの仕方というか「こうした方がいいよ」ということをお話しします。

 

まずは山門です。

これは「山の門」とも「三つの門」とも書きますが、三解脱門(さんげだつもん)というふうにも言われています。

 

お寺に着いたら山門から入っていくのですけれども、お参りする時にはどこをどういうふうに通ればいいのでしょうか?

正確に言うと、真ん中から入れるのはここの住職だけなのです。

実は左側から入るのです。

 

また、門をまたぐ時は門に足を掛けずに左足から入ります。

出る時も同じように向かって左側から出ることになります。

ちなみに、慈眼寺の門にはスロープが付いています。

 

もう1つ面白い話をご紹介します。

山門の正面には、大きな中心になるお堂がありますが、これは平行ではありません。

山門の角度とお堂の角度は、少しずれているのです。

中心も少しずれています。

 

実は、山門の真ん中とお堂の真ん中をそろえて建ててもいいのは、大本山だけなのです。

あとはみんなずらしているのです。


関連記事
カテゴリー
南泉和尚
メルマガ登録

南泉和尚のオンライン瞑想や講座案内をお送りいたします。

メルマガ登録