欣求の志

欣求の志の切なるべきあり

 

たとえば、重き宝を盗まんと思い

強き敵をうたんと思い

高き色にあわんと思うこころのある人は

ことにふれ、おりにしたがって

種々のことは、かわり来たるとも

こころにかけてあれば

あながちそれを

とげずということなかりけり

 

「正法眼蔵随聞記」

 

 

 

道元禅師も示されています。

まずは、志だと。

ただの志ではなく、

欣求の志だと。

 

寝ても覚めても志を思い続けることができれば

その志は、必ず遂げることができるとお示しになっています。

 

 

欣求の志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です