なぜ、カメはウサギに勝ったのか?

ウサギのカメの話は有名です。

子どもからお年寄りまで、ほとんどの人が知っているお話です。

 

足が速いウサギと足の遅いカメが、山の頂上を目指して競争します。カメの足が遅いのを知っているウサギは、木陰で休んでしまいます。その横をカメは、ノロノロしながらも追いつき、追い抜いてしまいます。そして、カメのゴール直前に目を覚ましたウサギは、必死に追いかけますが、カメが先にゴールしてしまうと言うお話です。

 

なぜ、カメが勝ったのでしょう?

 

ウサギが休んでしまったからです。

 

その通り!!

 

 

でも、その見方を変えたお話を三遊亭歌之介師匠は、お話ししています。

 

カメは何を見ていたのでしょうか?

ウサギは何を見ていたのでしょうか?

 

ウサギが見ていたのは、カメなんです。カメを比べて足が速いから、スタートダッシュし、カメより早くゴール前まで来ていたから、休んでしまうのです。カメを見ていたので、休むことが出来たのです。自分より早い馬だったら休まなかったでしょう。

 

カメは何を見ていたのでしょう。

カメが見ていたのは、ゴールです。ウサギの様子など気にせず、ただひたすら、ゴールを見て、ゴールを目指していたのです。それ故、休むことなく勝利したのです。

 

目標が明確だったので、カメが先にゴールしたのです。

 

ここに目標を明確に持っている人と明確な目標のない人の違いが浮き彫りになります。

 

 

私たちも同じです。

 

 

目標のない毎日と明確な目標のある毎日では、同じ時間でも過ごし方が全く異なるのです。、

目標を持つ、しかも明確な目標を持つことが、豊かな人生を送るために必要です。

 

 

目標のある一日と目標のない一日

 

目標のない人生は、課題が困難になってしまいます。課題は、避けたいものであり、面倒なものでしかありません。

 

目標のある人生は、課題はチャンスになってしまいます。課題は挑みたくなるものであり、克服した後は、成長と感動が待っています。

 

 

先ず大切なのは、人生の目標を持つこと、見つけることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です