秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

移り変わっていく「経験する自分」

2021年7月2日

先日、ある方から「気分が優れずに、どうしても落ち込んでしまうのです」という相談がありました。

そこで私は、「もう1人の自分、すこし違うところから見る自分を作りなさい」と言いました。

そして、そのもう1人の目を通して「おまえは今落ち込んでるんだな」ということだけを感じるよう伝えたわけです。

 

その時、その方はこういうことも言っていました。

「こうありたい自分というのがあるのです。でも、なかなかなれないから落ち込むのです」と。

つまり、これは「経験する自分」と「物語る自分」との乖離に苦しんでいるのです。

 

「経験する自分」というのは意識ですから、やはりどんどん変わっていきます。

それに対して「物語る自分」は記憶です。

だから2つの自分がかけ離れて苦しんでしまうのです。

 

しかし、これは別々でいいのです。

無理やり「こうありたい自分」や「こうあればならない自分」になろうとするから、自分との乖離に落ち込んで苦しんでしまうわけです。