秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

お寺とクリスマス

2022年1月2日

秩父の年末年始といえば秩父神社様のお祭り、秩父夜祭です。

そしてお祭りが終わると、今度は「クリスマス、サンタクロースだ!」となり、12月31日になると「除夜の鐘、お寺!」となるわけです。

 

それを見て「日本人には宗教心がないんじゃないか」と言う方がいるのですが、そうではありません。

「こういう宗教だから、これに従いなさい」というのが宗教なのですが、日本人は宗教心がないのではなく、おおらかなので、どの神様にでも手を合わせ、また拝むことができるわけです。

 

「お寺にサンタクロースが来るのか?」という質問を受けたことがあります。

私が子どものころどうだったのか、よく覚えていません。

私は今でも甘いものが好きなのですが、ケーキは食べました。

では、私の子どもが小さかったころはどうだったのかというと、これもケーキは食べました。

ただ、12月25日は妻の誕生日ですから、誕生日会だったのです。

 

しかし、おかしなもので、12月25日にケーキを買うと「ハッピーバースデー」ではなく「メリークリスマス」と書いてあるわけです。

もちろん子どもたちにプレゼントは買いましたが、やはりそのころは「クリスマスって何だろう」と思っていました。

 

しかし、今は全然違います。

私も秩父こども園にずっと関わっていましたが、去年の12月に「来てくれ」というので行きました。

そうすると、いきなり赤いものが用意されているわけです。

帽子をかぶってひげを着けて、大きな白い袋を持っているわけですが、真っ赤な服ですから私は布袋さんのつもりでいました。

 

ところが、子どもたちからすればどう見てもサンタクロースですから、子どもたちはワーッと大騒ぎです。

ひげも生やしているし、顔を見ても誰だか分からなかったようです。

私は布袋さんのつもりでしたが、子どもたちはサンタクロースと思っていたからサンタクロースなのでしょう。

ですから、今は何に変身しても平気です。