先生の応援団

秩父保育園の園長藤田(平成20年当時。令和元年現在秩父こども園副園長)が、秩父幼稚園に就職したのは、平成元年。

その年受け持ったのは、年少組。
その子たちが、年長の時、また担任となった。
初めて小学校へ送り出した子どもたち。
藤田先生(当時丸山先生)にとって、忘れることができない出会いだった。

初めてばかりで不安だった先生を支えてくれたのが、子どもたちの親だった。

学園で感動ムービーを作ることになり、先生たちから様々なエピソードを集めた。沢山の感動があり、素晴らしい体験ばかりだった。結局藤田先生のこのエピソードが選ばれた。
卒園して、もう20年近く経っていたが、保護者同士の交流が続いていた。

「保護者は、先生の応援団だよ」というメッセージを

これから幼稚園保育園に働きたいと考えている学生に向けて発信したい
幼稚園保育園の保護者にも発信したい

と考え、卒園から20年たった保護者の写真を撮りたいと企画した。

待ってましたとばかり、気持ちよく元保護者の方にお集まりいただいた。

幼稚園という職業の大切さとありがたさを
教えていただいた。

お集まりいただいたみなさん!
ご協力ありがとうございました。

関連記事一覧

PAGE TOP