必ず挨拶すること

挨拶

必ず挨拶する。

朝起きたら必ず挨拶する

 

 

上司や同僚、お客様には、必ず挨拶しているだろう。

挨拶の研修を受けて、実践している素晴らしい会社もたくさんある。

 

では、家ではどうだろう?

自分には、どうだろう?

 

朝起きたらまず、顔を洗し、自分に挨拶をする。大きな声を出すことはない。

鏡に写った自分と向き合い、目を見て挨拶をする。

「おはようございます。」と心で言う。

そして、自分で定めた言葉を自分に宣言する。

私は

「今日も昨日よりティッシュ1枚成長します。」と宣言する。

昨日の自分より、たとえどんな小さくとも、少しでも成長することを目標としているからだ。

 

家族にもしっかり挨拶する。

「おはようございます。」

 

実は、これが中々難しい。どこが気恥ずかしく感じる自分がいる。妻や親に挨拶するには、少しだけ勇気が必要だ。

でも少しの勇気が、その日一日を変える。この積み重ねが、自分を変える。

 

子どもが小さいうちは、やさしい。こちらから挨拶すれば、必ず挨拶してくれる。

この時の挨拶は、「おはよう」ではなく、「おはようございます。」が、いい。

私は、子どもが小さかった頃、毎日必ず挨拶をした。返してくれるまで挨拶した。そして、自然と挨拶が出来る子になった。

思春期になり、難しい年頃になった。挨拶をしてくれない時期もあった。しかし、体に染みついてしまったことは、失われることはない。

10代も終わりに近づいている我が子は、元気いっぱいではないが、挨拶をしてくれている。

 

挨拶には、呼び水が必要だ、と森信三先生は言っている。

特にこどもには、呼び水が必要だ。子どもが挨拶してくれるのを待つことはない。こちらが挨拶すればいいのだ。これが、呼び水だ。

 

必ず挨拶すること。そして、挨拶は、こちらから。

関連記事一覧

PAGE TOP