秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

御手水(おちょうず)の使い方

2021年9月3日

お寺でも神社でも、門を入ると大体すぐに「御手水(おちょうず)」という水が用意されています。

これは「身と心を清めてから聖なる所に入りましょう」という意味があります。

 

ちなみに、慈眼寺の水は井戸水です。

秩父には武甲山という山がありまして、その山の伏流水だと言われています。

 

それで、これを飲むわけではありません。

まずは、ひしゃくを持っていただいて、少しだけ口を湿らせればいいのです。

それから、次の人が使いやすいように、ひしゃくの持ったところを濯いでおいてください。