秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

南泉一文字「弗」

2022年6月3日

今、円安ということが話題になっていますけれども「弗(ドル)」という字があります。

これをなぜ「ドル」と読むのかは、よく分かりません!(笑)。

 

この字には「○○のようで○○でない」という意味があるそうです。

この「弗」にさんずいを付けると「沸(わく)」という字になります。

つまり、水が沸騰すると「水のようで水でないもの」になるわけです。

 

では、にんべんを付けるとどうなるでしょう。

「佛(ほとけ)」、つまり「人のようで人でないもの」です。

人のようで人でない、つかみどころがあるようで、つかみどころがない、これが佛というものなのだなということを、この漢字が言い表しています。

 

ですから「ほとけ」というのは、にんべんに「ム」の「仏」ではなく、古い「佛」の方が本来の意味に近いと感じています。

人のようで人でないもの、これが佛です。

私も佛、あなたも佛、全部が佛の世界なのです。