明珠在掌(みょうじゅざいしょう)

明珠在掌(みょうじゅざいしょう)という言葉があります

明珠とは仏性をいいます

仏性とは、だれもが生まれながらに持っている仏の心です

仏性は、外にあるのではなく

手のひらにすでにあるのだということを

この言葉は言っています

宝物を探しに外ばかりに目を向けてしまいます

ですが、すでに誰もが持っているのです

自分が持っている宝物に気づいて

磨いていくことが大切なのだけれど

どうしても外に目が向いてしまいます

禅の教えを説いた「碧巌録」に納められています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です