秩父札所十三番住職 南泉和尚

南泉和尚のブログ

慈悲

2022年2月4日

観音様というのは「慈悲」の象徴です。

慈眼寺の「慈」「慈しむ」、それに「悲しみ」で「慈悲」となります。

よく「慈悲の心を持ちましょう」と言われますが、どうすればいいのでしょうか。

 

慈眼寺の観音堂の正面には「大悲閣」と書かれています。

つまり、これは「大悲の建物」という意味です。

観音様の慈悲の心が「大悲心」ということになります。

「悲」というのは「苦しみを抜く」ということなのです。

「多くの人たちの苦しみ、悩みを取り除いてあげましょう」という心、これが「大悲心」です。

 

そして「慈悲」の「慈」というのはどういう意味かというと、これは「多くの人に楽しみを与える」という意味なのです。

つまり、観音様というのは、楽しみを与えて苦しみを抜く人なのです。

これが観音様の慈悲ということになります。

 

これはお坊さんだけではなく、どなたにでもできるわけです。

そばにいる人に楽しみを与えるにはどうすればいいのでしょうか。

それは笑顔でいること、笑顔を返すこと、あるいは優しい言葉を使うことです。

それがすべて「大慈」の心なのです。

 

そして「大悲」というのは、人が持っている苦しみや悩みを取り除いてあげる心です。

それはそばにいることかもしれないし、ハグすることかもしれません。

あるいは、励ます言葉をあげることかもしれないし、想いを寄せることかもしれません。

 

つまり、その方の悩みや苦しみを聞いて、具体的にどうすれば解決できるのか、少しでもいいから動くことです。

完全に解決してあげることなどできませんから、少しでいいのです。

ほんの少しだけ苦しみを取り除いてあげる心を持つ、それが「大悲芯」ということになります。

 

慈眼寺の観音堂は「大悲閣」、つまり「お参りをすると少しでも苦しみや悩みが取り除かれる場所」であるということです。

これを理解すると、自分たちの日常の言葉遣い、生活、または行動などに違いが現れてきます。

 

今回は観音様の御心についてお話ししました。

私たちもその御心を持てますから、慈眼寺の観音堂にお参りをし、「大慈」「大悲」の心を持ち帰りいただきたいと思います。