迷いの時には

どんな立場の人でも迷いはあります。

迷っていることを恥じてしまう自分がいますが、そうでは、ないようです。

 

「迷を大悟するは、諸仏なり。悟を大迷するは、衆生なり。」

 

道元禅師の言葉です。

迷っている時には、ひたすら迷っていいのです。

迷いと一体となってしまうのが、仏なのです。

悟りを追い求めて、迷うのが、私たち凡夫なのです。

坐禅の時には、坐禅をする。

食事の時には、食事をする。

仕事の時には、仕事をする。

迷いの時には、ただ迷う。

すると不思議なんですね。

すーっと楽になる時が、必ず来るんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です