自分になる

自らをよるべとして、生きることができる

自分になる

 

 

「おのれこそ、おのれのよるべ」

 

法句経にあることばです。

 

何を頼りに生きるのか?それは、何者でもない、自分自身です。

一度きりのこの人生を自分自身で、しっかりと立ち歩んでいくと決めるのです。

 

 

でも、人は、意識しないと人を頼ってしまいます。何かにすがってしまいます。でも、このことは、決してダメなことではありません。

誰もがみな、無意識でいるとそうなってしまうのです。

 

ですから、自分を頼りに生きると意識し、心にくさびを打つのです。

 

はじめは、一日のうち、短い時間でいいのです。その時間を長くする工夫だけでいいのです。

 

 

他人に依存するとイライラします。期待すると裏切られたと言って、腹も立つのです。依頼はしていいいのですが、依存はしないのです。

 

 

頼りにする、よるべとなる自己が、自らを受け入れることができないと、自分が崩れてしまうことがあります。ですから、肝を決めなければなりません。

 

 

様々な行法があります。坐禅、滝行、回峰行などなど。それだけでなく、剣道、武道など「道」がつくものは、つまるところ、肝をきめることに行き着きます。

 

ただ、しっかりと自己と向き合う時間を持てばいいのです。すると自己を受け入れることができるようになります。本当に、向き合いたくない自己と向き合うことになるかもしれません。その負の部分にも向き合い、受け入れることができるようになると、よるべとなるでき、自己に近づくのです。

 

ただ、この行には、終わりはありません。

 

一生成長し続け、挑戦し続けるのです。昨日より少しだけ成長し続けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です