雨でも石に穴を開ける

奈良時代の僧、明詮法師は、10歳の時、奈良の元興寺に入りました。

ところが、意欲はあるのですが、なかなか理解ができず、先輩僧からは馬鹿にされていました。

さらに、明詮は、飽きっぽいため、辛い修行も最後まで辛抱できそうもありません。

気持ちが萎えた明詮は、

「こんな気持ちでは、佛道修行を達成することなどできそうもない。父母には申し訳ないが、続けられそうにないな」と思い、

お寺を密かに抜け出し、隠れていました。

 

そんな折、雨が振り出しのです。

どこにも動くことができず、木の下でじっとしていました。

雨だれが石の上に落ちるのが、意識することなく目に入りました。

ぼんやり眺めていた少年明詮は、ある事に気づきました。

 

雨が落ちている所に、穴があいていたのです。

 

「あんなに硬い石でも、水は、穴を開けることが出来る。

ずっと長い間、落ち続けていたからだ。

佛道修行を全うするという夢を抱いて、お寺に入ったじゃないか。

自分が、なかなか理解が出来ないのは、やり続けることが足りないからだ。

精進が足りないだけだ。

雨が、石に穴を開けることが出来るように、

一つのことをずっとやり続けていれば、

どんなに時間が掛かったとしても、

やり通すことが出来るに違いない。」

 

少年明詮は、そう、心に強く刻みました。

そして、逃げ出すことをやめ、寺に戻り諦めることなく、修行を重ねたのです。

 

「これを叶える」と決めた夢は、

けっして消えてなくなったりすることはありません。

途中であきらめたり逃げたりしてしまうのは、あなたのほうなのです。

関連記事一覧

PAGE TOP