さらに一歩進む

「百尺竿頭進一歩」(ひゃくしゃくかんとうにいっぽをすすむ)があります。

百尺とは、長さ。およそ30mほどの長さです。

竿は、物干しなどに使う、さおです。30mほどの竿の先にいても、さらに一歩を進めよ、ということです。

具体的な30mの竿を言っているのではなく、百尺ほどの境地まで達しているが、そこで終わりではなくさらに精進して、先へ進めという修行の戒めを表しています。

ああ、やり終えた。これで、満足だ。

と思ったら、その先にさらに進むことを意識しないとなぜか、人は、退歩を始めてしまうのです。

もちろん休憩も必要です。

いろいろが調ったらさらに前に進みましょう。

次のステージが待っています。

どこまで行っても、その先のステージがあるんですね。

人に伝える、人の見本になるというステージも待っています。

もうこれでいい、ということは、ないのかもしれません。

死ぬまで成長です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です