行持

やりたいことが、沢山あるから、毎日の行持をしっかりと詰めることが大事だと最近強く感じる

あたり前に毎日勤めることを当たり前に勤めたい

足下をしっかり見つめたい

その上で、遠いビジョンを目指して歩みを一歩一歩進んでいく

 

寝る時間を惜しむことはしないで、ビジョンを達成したい。

何かを犠牲にすることなくビジョンを達成したい

 

一日一日を理想の状態で過ごすことに挑戦し続けたい。

 

 

朝、起きて顔を洗うことが、ビジョンと一直線につながっている。

トイレに行くことも、食事をいただくことも。

寝ることもお風呂に入ることも。

全ての行いが、ビジョン達成に欠かせないこと。

 

 

自分の考え、ことば、行動、全人格がビジョンと一直線につながっている。

そんな生き方がしたい。

 

そして、その生活を心から楽しんでいる。

決して義務感ではない。

楽しむ、ワクワクして生活する。

毎日が、楽しくて仕方ない。

 

ありとあらゆること全てが、私を成長させてくれると感じられる。

 

顔を洗うと言うこと、そのものの行為が変わる。

はたから見ると全く同じ行為だが、中身が全く異なる。

顔を洗うことも人格の完成を目指す行い。

目指す所と行動が一致した時、生活そのものが「行」になる。

 

修行道場にいるから「行」が、勤まるのではない。

修行道場を離れ、日常生活を送っている中でも、どこにいようと、全ての行動が「行」になるはずだ。

 

道場には、指導者と仲間がいるから、ある意味、他社依存の「行」だ。

 

道場を離れると指導者も仲間もいない。自分で決めることができる。

鐘をつくのもつかないのも、自分で決めればいい。

朝のお勤めも自分で決めればいい。

誰も文句を言わない。

 

忙しいから、時間がないから、弟子がやるから・・・

と言い訳をして、自分に言い聞かせている。

やらなくてもいい理由を自分に言っている。

 

ビジョンと生活が一致すると、全ての行動が「行」になる。

 

 

ビジョンが大きければ大きいほど、毎日の小さな事を怠ってはいけない

と、そんな心境になった。

 

住職としてお坊さんとしての当たり前の務めを毎日「行」ずるからこそ、

ビジョンが達成され、理想の人格の完成に近づくのだろうと

ぼんやり感じている

 

 

毎日の当たり前の生活を「行」ずることを意識して取り組みたい。

 

当願衆生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です