秩父札所十三番住職 南泉和尚

毎日をはっぴーにする方法 

お稲荷さん

慈眼寺の山門を入って右側にお稲荷さんがあります。 お稲荷さんというのは、もともとヒンドゥー教の中にあった荼枳尼天が仏教にも取り入れられて、お寺で祀られてきたものです。 そして陀枳尼尊天にも「オンシラバッタニリウンソワカ、 […]

花山法皇、白河法皇、良忠僧都、そして通観法印

花山天皇は退位をして、花山法皇というお坊さんになりました。 この花山法皇が、得道上人が埋めてしまったと言われているご朱印をまた見つけ出して、そして巡礼を始めたのです。 つまり、日本の巡礼が始まったのは、西国なのです。 で […]

喜捨

「何で、神社やお寺に行くとお賽銭を投げ入れるんでしょうか?」という質問をいただきました。 お賽銭というのは、自分を捨てる行為なのです。 お釈迦様が一番回数を説いているのは布施ですが、何のために布施をするのかというと、自分 […]

日々是好日

いろいろと「え~!何それ!」ということが起こります。 もちろん良いことも悪いこともあるのですが、その時に私たちはどうすればいいのでしょうか? 私はだんだん分かってきたのですけれども、本当は良いことも悪いこともないのです。 […]

仏性の中にいる

難しいことは、だんだん分かっていけばいいのです。 まずは簡単にできることから始めましょう。   最初から「般若心経を読まないと御朱印できません」と言ってしまったら、誰もやらなくなってしまいます。 ですから、まず […]

如来と菩薩、その違い

観音様とお釈迦様は、違うといえば違うし、同じだといえば同じ、これはどういうことなのでしょうか?   お釈迦様というのは実在のお父さんとお母さんがいて、実際に人として産まれて80年の生涯を歩んだ方です。 ゴータマ […]

観世音菩薩にお任せしましょう

例えば「病気が治るように」とか「事業がうまくいきますように」とか、要するに「何々をしてほしい」「何々してください」というお願いすることがよくあります。 実は、それはあまり正しくありません。 願い事も含めて、全部任せること […]

参拝の仕方

参拝する時には、大体参道の真ん中は通りません。 参道の左側を歩いていって、お線香が用意されている場合は、お線香をつけていただきます。 慈眼寺の場合はろうそくがお供えできるようになっていますが、大体どこの札所、あるいは巡礼 […]

御手水(おちょうず)の使い方

お寺でも神社でも、門を入ると大体すぐに「御手水(おちょうず)」という水が用意されています。 これは「身と心を清めてから聖なる所に入りましょう」という意味があります。   ちなみに、慈眼寺の水は井戸水です。 秩父 […]

山門

今回は、お寺のお参りの仕方というか「こうした方がいいよ」ということをお話しします。   まずは山門です。 これは「山の門」とも「三つの門」とも書きますが、三解脱門(さんげだつもん)というふうにも言われています。 […]