質問と想像

ただ、漫然と考え事をしていても、考えはまとまらないものです。思索の時間として静かな時間を持つことは、大切ですが、ただ、何となく考えることを脳は得意としていないようです。

 

テーマを絞り、自らに問う適切な質問を探ります。この質問によって、導き出される答えが変わるのです。適切な質問を探し出すことがとても大事です。

 

アインシュタインが、ことばを残しています。

「もし人生が残り60分だとしたら、私は、55分を適切な質問を見つけるために使うだろう」

 

 

過去の自分が抱いている常識や経験からの問いでは、新たなアイディアや企画を生み出すこともありません。

 

今まで、考えてこともない、経験したこともない、テーマ、分野について、質問をしてみると脳は、面白い想像をしてくれます。

 

この質問と想像が、人類の歴史を塗り替えてきたのです。

 

鳥は空を飛べる。どうして人は飛べないのだろう?どうしたら、空を飛べるのだろう?と質問をした人がいたのです。そして、空を飛んでいる姿を想像したのです。さらに、実際に動き出した人がいたのです。ついに、人類は、飛行機を発明したのです。

 

はじめは、単純な質問、疑問と想像、そして、できあがった時の様子を妄想したのです。妄想が人類をa進歩させてきたと言えます。

 

好奇心の強い妄想ばかりしている人が、たくさんのアイディアを生み出します。それを形にするのが、得意な人との出会いが、画期的な発明となったのでしょう。

 

新しいアイディアは、今まである物の組み合わせによって生まれます。0から、全く新しい物が生み出されたわけではありません。

 

自分の中のデータベースを常に新鮮に保つことが大切です。

それは、本を読むこと、人と逢うこと、本物と触れること。脳は、一気に活性化します。

 

 

自分への質問が、未来を創造するのです。

なぜ、カメはウサギに勝ったのか?

ウサギのカメの話は有名です。

子どもからお年寄りまで、ほとんどの人が知っているお話です。

 

足が速いウサギと足の遅いカメが、山の頂上を目指して競争します。カメの足が遅いのを知っているウサギは、木陰で休んでしまいます。その横をカメは、ノロノロしながらも追いつき、追い抜いてしまいます。そして、カメのゴール直前に目を覚ましたウサギは、必死に追いかけますが、カメが先にゴールしてしまうと言うお話です。

 

なぜ、カメが勝ったのでしょう?

 

ウサギが休んでしまったからです。

 

その通り!!

 

 

でも、その見方を変えたお話を三遊亭歌之介師匠は、お話ししています。

 

カメは何を見ていたのでしょうか?

ウサギは何を見ていたのでしょうか?

 

ウサギが見ていたのは、カメなんです。カメを比べて足が速いから、スタートダッシュし、カメより早くゴール前まで来ていたから、休んでしまうのです。カメを見ていたので、休むことが出来たのです。自分より早い馬だったら休まなかったでしょう。

 

カメは何を見ていたのでしょう。

カメが見ていたのは、ゴールです。ウサギの様子など気にせず、ただひたすら、ゴールを見て、ゴールを目指していたのです。それ故、休むことなく勝利したのです。

 

目標が明確だったので、カメが先にゴールしたのです。

 

ここに目標を明確に持っている人と明確な目標のない人の違いが浮き彫りになります。

 

 

私たちも同じです。

 

 

目標のない毎日と明確な目標のある毎日では、同じ時間でも過ごし方が全く異なるのです。、

目標を持つ、しかも明確な目標を持つことが、豊かな人生を送るために必要です。

 

 

目標のある一日と目標のない一日

 

目標のない人生は、課題が困難になってしまいます。課題は、避けたいものであり、面倒なものでしかありません。

 

目標のある人生は、課題はチャンスになってしまいます。課題は挑みたくなるものであり、克服した後は、成長と感動が待っています。

 

 

先ず大切なのは、人生の目標を持つこと、見つけることです。

自分のことが最も分からないのが、自分

自分のことが最も分からないのが、自分です

 

 

自分の背中を自分で見ることができません。

でも、自分以外の人は、私の背中を見ることができます。

 

 

自分の顔を自分で直接見ることができません。

鏡に写った姿しか見ることができないのです。

でも、自分以外の人は、私の顔を見ることができます。

 

 

自分の声も自分で直接聞くことができません。

外で鳴っている音と骨を伝わって鳴っている音が合わさった音を聞いています。

録音した声を聞くと、違和感があります。

でも、自分以外の人は,自分の声を聞くことができます。

 

 

そう考えてみると

自分の目も耳も鼻も舌も体も心も

自分では、直接見ることができないことに気づきます。

 

自分以外の人は、見ることができるのです。

 

 

だから、自分のことが知りたければ

他の人から教えてもらうことが必要なのです。

 

人によって感じ方が違うから

伝わってくることが異なります

するとますます自分のことが分からなくなってくることもあります。

 

 

なので、たくさんの人に逢って、たくさんの自分を教えてもらえばいいのです。

その中から、だんだん自分がぼんやりと見えてきます。

そして、たくさんの人に逢ってきた、一流の人と逢うことです。

 

たくさんの人に逢って、たくさんの人に教えてきた師と出逢うことができれば

自分を掴むヒントに気づくことができるでしょう。

 

自分のことが知りたければ

多くの人と逢うことで、少しずつ自分が分かってきます。

 

そして、本来の自己と知りたい自分が一致した時

本当の自分になるのです。

 

 

本当の自分に出会えたら

さらに自己を掘り下げ続ければいいのです。

 

とどのつまり

人間を深めるためには

自己を掘り下げることと

多くの人、しかも一流の師と逢うことが

必須なのです。