人生の道しるべ

人生には、ほんといろいろなことが起きます。

悩みます。

迷います。

 

そんな時、頼りになるのが、道しるべです。

自分自身の道しるべです。

道しるべを創るのに、頼りになるのが、教えです。

お釈迦様の教えをまとめた、お経は、

人生の道しるべなのです。

あきらめることができなくなる

多くの事業家が同じように、言います。

「あきらめないことです。」

「成功するまで、あきらめないことが、コツです。」と。

 

一流のアスリートも言います。

「絶対にあきらめませんでした。」

科学者も言います。

「あきらめずに、やり続けた結果です。」

 

あきらめないことの大切さを訴えています。

 

衆生は、本来仏です。

つまり、私たちは、元々仏なのです。

仏が、行じているのです。

そのことに気づくとあきらめないのではなく、

あきらめることができなくなるのです。

仏が行じているのですから。

等身大で

最近感じるのです

自分をずいぶん小さく感じていて

かえって卑屈になってしまい

生きにくくしてしまっている人が多いなあと

また、自分を自分以上に見せ続けてしまうと

やっぱりどこかに無理が出ます

なので等身大で無理なく生きていきたいものです

ささやかな幸せ

ささやかな幸せはすでに

あなたの周りにあるのです

そのことを見逃してしまいがちです

当たり前のことに

見逃してしまうことに

幸せを見つけ出す

するとすべてのことが

有難くなるのです

自分にありがとう

自分にありがとうって言ってますか?

自分自身の命にありがとうって言ってますか?

近くの人にありがとうって言っていますか?

毎日をハッピーにするために大切なのは

なんといっても感謝です。

あらゆる存在に感謝です。

 

感謝で包まれたハッピーな一日が始まります。

睡眠に感謝する

一日をハッピーにするために大切なのは

なんといっても朝です。

朝を気持ちよく迎えることができるのは、

心地よい睡眠のおかげです。

朝起きてはじめにやることは

睡眠に感謝することです。

感謝から始まる朝。

ハッピーな一日が始まります。

はっぴーな言葉

お釈迦様は言いました。

一度発した言葉は、戻すことができない。

一度発した言葉は、すべて自分に返ってくる。

愚痴を言っても、何も解決しないのです。

愚痴を言うのをやめるのです。

それだけで一日をハッピーにすることができます。

そして時はあっという間に流れてしまいます。

愚痴ではなく優しく分かりやすい

前向きな、いい言葉を使うのです。

自分の事が最も分からないのが、自分です

自分のことが最も分からないのが

自分です

自分の目も耳も鼻も舌も背中も

自分で見ることが出来ません

だから

他の人から教えてもらえばいいのです

 

数多くの人に出会うことで

少しずつ自分のことが分かってきます

そして

たくさんの人と出逢った

一流の師と逢うことで

ようやく自分をつかむ

チャンスに出会えます

今いる場所

今うまくいっていないことを

場所や環境のせいにしたくなるものです。

私もそうでした。

 

でも違うのです。

今いる場所を最高の場所にすることができるのは、

自分自身なんです。

場所や環境を変えても

自分が変わらなければ

何も変わりません。

 

場所や環境のせいにしないことです。

 

今いる場所を

最高の場所にすると決めて

動けばいいのです

壊れるタイミング

不思議なものです。

どうしても捨てられなくて、取っておいたコンピューターのデータがありました。これからやることには、あきらかに不必要。

でもなぜか、ごみ箱にいれることができないのです。

そんな時ハードディスクが壊れ、アクセスできなくなりました。

いつまでも過去にこだわっていたら前に進めないよ、と観音様が背中を押してくれたのです。

壊れるタイミングも寸分も早すぎず、寸分も遅すぎず、なんですね。