秩父札所十三番住職 南泉和尚

アーカイブ

2022年末に思ったこと

令和4年は五黄の寅でした。 私は五黄土星なのですが、五黄土星生まれの人はエネルギッシュで余分なことをやってしまう、いわゆるデストロイヤーなのです。 平穏な時代になかなか生きられず、秩序を壊したくなる、そういうタイプの人が […]

年始のご案内

私は13番慈眼寺と11番常楽寺の住職をしております。 それぞれ年始にはさまざまな催しを行います。   まず、常楽寺では1月3日に元三大師の御祈願をいたします。 常楽寺は、今は曹洞宗なのですけれども、昔は天台宗で […]

「除日の鐘」のご案内です

令和4年も、残すところあと数日となりました。 今年は五黄土星(ごおうどせい)、いわゆる「五黄の寅」という年で、世の中も、自分自身も大きく変わらざるを得なかった1年でありました。 そんな1年の終わりに、慈眼寺ではいろいろな […]

毎週金曜日夕方6時は、ちちぶFM「みんながハッピーに!」をお聴きください

実は私は、毎週金曜日午後6時から、ちちぶFMというコミュニティーFMの「みんながハッピーに!」という番組でお話をしております。 先日も、秩父札所連合会のお手伝いをしていただいているガイドさんから「あんな才能があったんです […]

冬の特別御朱印のご案内(その2)

今回の冬の特別御朱印、薬師様もいらっしゃいます。 慈眼寺の観音堂には天井画があるのですが、こちらを描いたのが井上甲山という、幕末から明治にかけて活躍した秩父在住の日本画家です。 井上甲山さんの天井画は観音堂だけではなく、 […]

冬の特別御朱印のご案内

慈眼寺の冬の特別御朱印をご案内いたします。 今回は、12月からお正月に向けてめでたくいきましょうということで、慈眼寺のアイドル猫リリーが金色の「幸」という文字を見つめる姿、そして梅が描かれています。 梅というのは、道元禅 […]

住職とFIFAワールドカップ2022

皆さん、ワールドカップのドイツ戦をご覧になりましたか? うちの母親は95歳なのですけれども、実はサッカーが好きで、あの生中継をずっと見ていたそうです。 後半に2点入れて日本が勝ったということで、95歳のお婆さんが喜んでお […]

仏教で「我慢」とは?

皆さんも小さな頃から、いろいろな場面で「我慢しなさい」と言われてきたはずです。 ところが仏教では、これはあまり良い言葉ではありません。 「我慢」は「我を慢ずる」と書きますが、「俺が一番すごいんだ」という態度のことを言うわ […]

仏教で「頑張る」とは?

よく「頑張りなさい」「頑張れば何とかなるよ」と言ったり、応援したりします。 実は仏教では、これはあまり良い言葉ではないのです。 仏教では「我を捨てなさい」「自分の物差しを捨てなさい」ということを言っていますが、「頑張る」 […]

仏教で「諦める」とは?

私たちは普段、「最後まで諦めちゃいけない」とよく言うではないですか。 ところが、仏教では「諦めろ」と言うのです。 これはどういうことでしょうか?途中で投げ出してもいいのでしょうか?   そういうことではありませ […]