煩悩を抑える

苦しみの根源

仏教で言う煩悩(むさぼり・いかり・おろかさ 貪瞋痴)をコントロールし

平常心をもたらすのは

脳内物質セロトニンの働きだという

 

ドーパミンやオキシドシンという脳内ホルモンが

バランスよく分泌されていることが大切だという

 

仏教も脳科学で解説できることに感動

 

仏教は深いなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です