秩父札所十三番住職 南泉和尚

お釈迦様は言いました
(ブログ記事一覧)

2022年末に思ったこと

令和4年は五黄の寅でした。 私は五黄土星なのですが、五黄土星生まれの人はエネルギッシュで余分なことをやってしまう、いわゆるデストロイヤーなのです。 平穏な時代になかなか生きられず、秩序を壊したくなる、そういうタイプの人が […]

年始のご案内

私は13番慈眼寺と11番常楽寺の住職をしております。 それぞれ年始にはさまざまな催しを行います。   まず、常楽寺では1月3日に元三大師の御祈願をいたします。 常楽寺は、今は曹洞宗なのですけれども、昔は天台宗で […]

「除日の鐘」のご案内です

令和4年も、残すところあと数日となりました。 今年は五黄土星(ごおうどせい)、いわゆる「五黄の寅」という年で、世の中も、自分自身も大きく変わらざるを得なかった1年でありました。 そんな1年の終わりに、慈眼寺ではいろいろな […]

毎週金曜日夕方6時は、ちちぶFM「みんながハッピーに!」をお聴きください

実は私は、毎週金曜日午後6時から、ちちぶFMというコミュニティーFMの「みんながハッピーに!」という番組でお話をしております。 先日も、秩父札所連合会のお手伝いをしていただいているガイドさんから「あんな才能があったんです […]

冬の特別御朱印のご案内(その2)

今回の冬の特別御朱印、薬師様もいらっしゃいます。 慈眼寺の観音堂には天井画があるのですが、こちらを描いたのが井上甲山という、幕末から明治にかけて活躍した秩父在住の日本画家です。 井上甲山さんの天井画は観音堂だけではなく、 […]

冬の特別御朱印のご案内

慈眼寺の冬の特別御朱印をご案内いたします。 今回は、12月からお正月に向けてめでたくいきましょうということで、慈眼寺のアイドル猫リリーが金色の「幸」という文字を見つめる姿、そして梅が描かれています。 梅というのは、道元禅 […]

No Image

落ち着かないのは

中途半端だから 落ち着かない 落ちて 地に着けば 落ち着く

No Image

うまく行っても

うまく行ってもよし うまく行かなてくてもよし そわか

住職とFIFAワールドカップ2022

皆さん、ワールドカップのドイツ戦をご覧になりましたか? うちの母親は95歳なのですけれども、実はサッカーが好きで、あの生中継をずっと見ていたそうです。 後半に2点入れて日本が勝ったということで、95歳のお婆さんが喜んでお […]

仏教で「我慢」とは?

皆さんも小さな頃から、いろいろな場面で「我慢しなさい」と言われてきたはずです。 ところが仏教では、これはあまり良い言葉ではありません。 「我慢」は「我を慢ずる」と書きますが、「俺が一番すごいんだ」という態度のことを言うわ […]

仏教で「頑張る」とは?

よく「頑張りなさい」「頑張れば何とかなるよ」と言ったり、応援したりします。 実は仏教では、これはあまり良い言葉ではないのです。 仏教では「我を捨てなさい」「自分の物差しを捨てなさい」ということを言っていますが、「頑張る」 […]

仏教で「諦める」とは?

私たちは普段、「最後まで諦めちゃいけない」とよく言うではないですか。 ところが、仏教では「諦めろ」と言うのです。 これはどういうことでしょうか?途中で投げ出してもいいのでしょうか?   そういうことではありませ […]

仏教で「無学」とは?

今回は、仏教で使われる言葉と、私たちが日常的に使っている言葉では、同じ漢字でも意味が全く違うものがあるということについてお話をします。   私がこの言葉を最初に聞いたのは大学の時でしたが、それは「無学」という言 […]

観音様と薬師様を一緒にお参りできるチャンスです

今、慈眼寺の観音堂には薬師如来様がいらっしゃいます。 いつもは観音堂から少し離れたところにある薬師堂にお祀りしているのですが、秩父こども園の屋根の修理や改装もあり、工事の車も出入りするということで、3月ぐらいまでは薬師堂 […]

YouTubeチャンネルのご案内

今回は慈眼寺のYouTubeチャンネルについてご案内します。 このチャンネルでは、秩父のことや慈眼寺のこと、私自身のこと、観音様や薬師様や仏様のこと、仏教のこと、お参りに来られた方のお悩みやご相談へのお答えなど、たくさん […]

ペットの健康を御祈願いたします

先日、長年薬師様の祈願をし、メグスリノキのお茶も飲んでいらっしゃる方からこんなメールをいただきました。 「ご住職、どうしてもお願いしたいことがあります。実は、私が大切に飼っているペットが緑内障になってしまったんです。ぜひ […]

曹洞宗のお坊さんの正装

お袈裟はもともとインドの言葉で、中国の人が「袈裟」と漢字を当てはめて日本に伝わってきました。 これは1枚の布ではありません。 小さな布を縫い合わせて、1枚のお袈裟にしています。   どうしてこうなっているかとい […]

お坊さんあるある「曲彔(きょくろく)編」

お坊さんが座る椅子のことを曲彔(きょくろく)と言います。 慈眼寺の曲彔も大正時代ぐらいのもので、そういう古いものが残っているわけです。 何となく中国的なデザインなのですが、おそらく中国から宗教道具として日本に伝わり、お寺 […]

お坊さんあるある「振鈴編」

お坊さんの修行時代には面白いエピソードが詰まっています。 その中で、今でも思い出すと笑ってしまうものがあります。   大本山總持寺や大本山永平寺、あるいは曹洞宗の修行道場では、みんなが坐禅堂で寝ているわけです。 […]

お坊さんあるある「木魚編」

お勤めで木魚を叩いていると、木魚がずれて転がっていってしまうこと、結構あるのです。 そんな時はどうするかというと、拾いに行ってまた元の場所に戻すのです。 そして、何事もなかったようにお勤めを続けるのですが、そばにいる人た […]

秋の特別御朱印「キンモクセイ」頒布のお知らせ

慈眼寺の特別御朱印、秋限定版「薬師如来の御朱印」をご案内します。 今回は「めめ」です。 「め」という文字が向い合って目のように見える「向かい目」の判が押されています。   そして、慈眼寺にはキンモクセイがたくさ […]

秋の特別御朱印「幸せ猫のお月見」頒布のお知らせ

慈眼寺の特別御朱印、秋の限定版がいよいよ登場します。 今回は、観音様と薬師様の2種類をご用意いたしました。 慈眼寺で暮らす星の模様の猫、リリーが幸せの月を見ているというデザインでございます。   実はこちらの御 […]

日常の中で悟りをひらく10の徳目

実は、私は『日常の中で悟りをひらく10の徳目』という本を出しております。 そして、その中に「手放す勇気を持つ」という項目があります。   私はお寺の住職なのですけれども、同時に学校法人の経営をしておりました。 […]

新型コロナウイルス陽性になって考えたこと

私もついに新型コロナウイルス陽性になってしまいました。 ところが、これが予想外の大きな変化を私にもたらしてくれたのです。   私の場合、熱は出たのですけれども、症状そのものは重くはありませんでした。 熱が少し出 […]

お盆供養の仕方

毎年8月になると、お檀家さんから「ご住職、今年のお盆はどうなりますか?私、今年初めてお盆を迎えるので全く分からないんです。どうすればいいでしょう?」という質問をいただきます。 そこで今回は、お盆はどうすればいいのかという […]

住職が考える色即是空・空即是色

私はいくつかのインターネット上のコミュニティに参加しています。 そこはクローズなコミュニティーなのですけれども、経営者さんが投稿しているものに、いろいろとコメントを入れたりしています。   私も20代後半からい […]

とても嬉しいことがありました

ある方がお寺にお中元を届けに来られて、「ご住職、YouTube見てますよ」と言われました。 そして「時々面白いことを言うんですね」と、「時々」ではありますが、褒められました(笑)。   その方は、ほかの人から聞 […]

お坊さんの服って暑くないの?

夏になりますと、「ご住職、暑くないんですか?」とよく聞かれます。 もちろん暑いです(笑)。 いわゆる下着、それから襦袢、着物などで4枚着ていることになるのですが、面白いことに、着てしまえば暑さは平気なのです。   […]

毎月8日は薬師如来のお話と祈りの集いを行っています。

お正月と7月を除いた毎月8日、朝10時からお話と祈りの集いを行っております。 こちらはオンラインでも配信しております。 Youtubeチャンネル:秩父札所十三番慈眼寺・十一番常楽寺/南泉和尚 https://www.yo […]

慈眼寺縁起

慈眼寺には「荘厳(しょうごん)」と言われる、御本尊様をきらびやかに飾る仏具がございます。 柱には「柱掛け」や「揚幕房(あげまくふさ)」がありますが、慈眼寺の柱掛けには笛を吹く天女が織られています。 そして正面の「水引き」 […]

1 2 3 9