足もとを見つめる

外に、ばかり目が行き、自分の足元を観ないことがあります。

問題の解決策は、自分が持っているのにも関わらず、

外ばかり眼が生き、遠回りしてしまいます。

まずは、自分をしっかり見つめる。

足元を照らし続けることです。

脚下を照顧せよ。

長野県円福寺のご住職で「おっしゃん」と呼ばれ親しまれていたお坊様がいらっしゃいました。

藤本幸邦老師です。

難しいことを解かりやすくお伝えくださる方です。

脚下照顧を解かりやすくした詩を残してくださいました。

「はきものをそろえる。

はきものをそろえると心もそろう。

心がそろうとはきものもそろう。

ぬぐときに、そろえておくとはくときに、心がみだれない。

だれかが、みだしておいたら、だまって、そろえておいてあげよう。

そうすればきっと、世界中の人の心もそろうでしょう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です