呼ばれたら「ハイ」と返事をする

名前を呼ばれたら、「ハイ!」と返事をする。

こんな簡単なことが、出来ない人が多い。実は、意識しないとできないのだ。

勤め先では、おそらくできるだろう。特に、上司と部下という関係ではできるだろう。

では、部下に名前を呼ばれたときの上司はどうだろう?

家庭ではどうだろうか?親子では?夫婦では?

 

「お母さん」

「なあーに」と応えてないだろうか?

 

名前を呼ばれたら、「ハイ」と返事をするとただ意識するだけでできるのだが、意識しない。しかもすぐ忘れてしまう。

 

しかも、「ハーイ」ではなく、短く「ハイ」がいい。

 

秩父こども園には、あまりルールがない。いわゆるしつけということは、ほとんどしない。だが、「ハイ」の返事には、少しだけこだわる。

「ハーイ」ではなく、「ハイ」と返事が出来るようになるには、体に染みこませてしまう必要がある。意識しなくてもできるようになるまで、繰り返す必要がある。

 

2歳から少しずつ取り組み始め、3歳で、繰り返し繰り返し返事をする。

 

「うめ組さん!」とクラス全体に呼びかける。すると

「ハーイ」と、ほとんどの子が返事する。それを

「『ハーイ』ではなくて、『ハイ』だよ。」と、何度も伝え、呼びかける。

いつの間にか、できるようになっている。

「ハイ」という短い返事は、とても気持ちいい。

 

心構えが出来る、

集中する。

やる気が出る。

 

そんなことに気づいた。

 

相手に向けて、しっかり体を向けてハイ!と返事をする。これは、受け入れる合図だ。それだけでなく、自分自身に向かっても言っている。

子どもたちの日々の取り組みを見て気がついた。

「ハイ」は、究極のアファーメーションだと。

アファーメーションは、自分に語りかける肯定的な断言。自己を受け入れる究極の言葉が「ハイ!」だ。

 

 

呼ばれたら「ハイ」と返事をするというのは、尊敬する森信三先生が提唱するしつけの三原則の一つだ。

しつけの三原則が身についてしまえば、人格たる基礎が出来てしまうので、後は、しつけは何もしなくていいとまで言っている。

2歳までに身につけてしまえば、後は心配ない。しつけに遅すぎることと言うことはない。できれば9歳までがいいという。

 

しつけは「つ」まで、と言われる。

1つ、2つ、3つ・・・9つの「つ」だ。

 

2歳までにできなくても、9歳までだったらしっかり人格の基礎としてのしつけが身につく。

 

思春期になると返事をしなくなる。それはそれでいい。でも、体に染みついたことは忘れない。

和が娘も難しい年代を生きているが、朝おはようと挨拶はする。

小さい頃毎日やっていた。

「ハイ!」「おはようございます」って。

 

大人になって、人格者と言われる人物は、これができている。

どんなに素晴らしい実績を上げても、こういったしつけの三原則のような些細なことが出来ていないと、人物だとは言われない。

 

人格の基礎を形成する一つが、呼ばれたら「ハイ」と返事をすることだ。

関連記事一覧

PAGE TOP