靴をそろえ いすをしまう

靴を揃え、椅子をしまう、是が躾の三原則の三つ目だ。

 

 

一見、別々に思えるが、靴を揃えることと椅子をしまうことは、同じ事なのだ。必ず自分の後ろを振り返ること、やりっ放しにしないことの教えだ。

意識すれば、習慣化される。が、何となく過ごしているとできない。脱ぎっぱなしになってしまう。

何気なく暮らさない意識つけとして、靴を脱いだら揃える。しまう場所があれば、そこにしまう。

なければ、かかとを揃えて、すぐに履ける向きにしておく。

 

座っていた椅子は、立った机の下にしまう。いつでも意識して実行していくと、頭で考えることなく、体が動いてしまう。

これ、かなりの人ができない。おそらく90%ほどの人は、意識していないだろうと思われる。

自分の靴のことには、意識が向いても、トイレのスリッパは、どうだろう。次の人のために、履きやすいように揃えて出てくるだろうか?

いつでも椅子をしまっているだろうか?宴会でのスピーチの際や乾杯の時は、椅子をしまっているだろうか?

 

毎日の暮らしのささいなことを、あらゆる事で何気なくやらない。あらゆる事を意識してやるという事に繋がるのだ。

靴を揃える、これだけでいいんだけど、実はこんな事ができない。

 

 

私が子どもの頃、靴を揃えること、特にトイレのスリッパを揃えることは、繰り返し繰り返ししつけられた記憶がある。

でも、身についていたわけではない。徹底的に体に叩き込まれたのは、本山修行時代だ。

 

修行僧は、本山内を単草履(たんぞうり)というスリッパのような、履き物をはく。歩くとき、単草履をぺたぺたと音をたててはいけない。

脱いだ時は、決められた場所にきっちり揃えておく。

 

これが、しっかりできていないと厳罰が下る。個人的な罰の時もあれば、連帯で罰を受けるときもある。

もうぴりぴりする位緊張して、歩くし、脱いだら揃えた。

有無を言わせず、体に染みついてしまうのだ。

 

この教え方がいいか悪いかは、別として、履き物をそろえるという事は、それほど重要なことなのだ。

 

 

はきものをそろえると 心もそろえる

心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときに そろえておくと はくときに心が乱れない

だれかが乱しておいたら

だまってそろえておいてあげよう

そうすれば きっと

世界中の人の心もそろうでしょう

藤本幸邦

関連記事一覧

  1. 挨拶
PAGE TOP