50を過ぎて

9月で51になります。

 自分の人生を車の運転に喩えてみると、30代40代は、アクセル踏みっぱなしの人生だったように感じます。ボディーは、ぼろぼろになっても、とにかく走り続ければ目的地にたどり着ける、そんな気持ちでした。目的地に行く事も決して最短距離を選ばないんです。誰も行かないような道を敢えて選んで挑んできました。

 それでいて、寄り道もしてしまいました。ハンドルさばきもそれほど上手ではないのに、運転し続けてきました。同乗していた家族もさぞ疲れたことでしょう。
 さすがに、50を過ぎると、アクセル全開は、もう無理です。もちません。止まりながらも進むことと、確実に進むことが出来る道を選ぶことができるようになったと感じています。
 脳の体力?が急激に落ちました。集中力が継続しないのです。どうしても休みが必要です。

 ますます大切なのが、時間です。限られた時間をいかに有効に使うかがとても重要です。休むことも含めて無駄な時間はありません。
 そこで、毎朝、その日にやるべきことをすべて書き出してから、1日を始めています。まず、すべて書き出す。その上で、やるべきことをスケジュール化する。
 当たり前のことなんでしょうが、これをやった日とやらなかった日では、時間の過ぎ方が違うのです。
 結果、仕事が速くなり、計画的に取り組むことが出来るようになりました。1ヵ月後1年後5年後がはっきり見えてきました。

 なんだ、50でかよ?!と笑わないでください。亥年生まれで、猪突猛進だったんですから・・・

と、51歳になろうとしていたときに、書いていました。
令和元年の今、還暦を迎えます。

投稿してから9年も経ってます。
決して安全で確実なことに取り組んで来たとは言えません。
相変わらず、挑み続けています。

体力と集中力は、さらに衰えました。

大きく変わったことと言えば、後継者が現れたということです。
自分が先頭に立って突き進むというマインドから
次の代にしっかりと引き継ぐというマインドに変わりました

伝えることを遠慮することなく
厭うことがあってはなりません

変わらないのは、時間の使い方です
自分の命の時間をどう使うかに焦点を充てて
毎日を過ごしています。

令和元年60になります
還暦を迎え、生まれ変わります

関連記事一覧

PAGE TOP